投資信託を始める前に

投資信託なら「投資信託を始める前に」へ! - 最悪リスク


最悪リスクを図るには

投資にはリスクが付き物です。全くのリスクなく投資を行うことはできません。リスクの大小はあれ、一定期間、投資額に対し、資産が下振れすることを承知の上、投資を行う必要があります。しかし、実際に自分の大切な資金を危険にさらすからには、その危険がいか程の額であるのかわからなければ、全く安心し投資をすることができません。そのために、大事なことは、最悪のケースを事前に見積もっておくことです。標準偏差を用いると、確率的に、どのぐらいまで上方または下方にぶれる可能性があるのか(つまり、どのぐらい資産が増加し、また、一方で、どのぐらい資産を傷つける可能性があるのか)を、確率論を用いて推定することができます。それでは、次の節で、このブレについてもう少し詳しく見てみましょう。