投資信託を始める前に

投資信託なら「投資信託を始める前に」へ! - 最悪リスクの推定


標準偏差から最悪リスクを想定する

確率統計学の基礎ともいえる標準偏差。学生の時に学校で標準偏差を習った記憶はあるけれども、全く覚えていない。σ(シグマ)という記号を書いた覚えはあるけれども、意味を全く覚えていないという人も多いのではないでしょうか?確率分布を習ったのは、おそらく、クラスの平均身長の分布を計算するといった問題や、クラスのテストの点数の分散具合を計算すると言った問題ではじめて習ったのではないかと思います。標準偏差は、ある集団についてのデータがどのように分布しているかを表すものです。確率統計では、その分布はその集団の代表的な値(中心の値)から左右対称に広がっていることを前提に、その中心値から−σ~+σの間に全体のデータのおおよそ68%のデータ、−2σ~+2σの間に全体のデータのおおよそ95%のデータが含まれます。さらに−3σ~+3σの間に全体のデータのおおよそ99.7%のデータが含まれます。この−3σ~+3σの範囲になると、もはやほとんどのデータがこの中に含まれる地点であると言えますね。つまり、この確率論を使うことで、最悪の株価下落の確率を推定することができます。標準偏差でリスクを考え、マイナス2σで最悪のケースを想定すれば、リスクが限度を超えないように自分で資金のコントロールをしながら、資産形成を効率的に行うことができるわけです。