投資信託を始める前に

投資信託なら「投資信託を始める前に」へ! - 分散投資って何


分散投資とは

分散投資とは、例えば株式投資であれば、100万円の資金を運用する際に、一つの銘柄に全てを投資するのではなく、複数の銘柄に投資を行うことです。投資の世界では「たまごは一つのカゴに盛るな」という有名な言葉がありますが、たまごが入ったかごを落としてしまうとそのカゴに入っているたまごは全部割れてしまう可能性がありますが、これを、複数のかごにいれておけば、一つのカゴのたまごが被害を受けたとしても、残りのたまごは被害を受けずに影響を受けずに済みます。これは投資の世界でも同じこと。現在は、上場している企業が業績悪化で破産申請をし上場廃止になったり、不正により上場廃止になることもあります。また、特定の業界が新しい法令ができることで大きく株価を落としたりすることもあります。確かに、例えば震災や世界同時株安のように株式相場全体が下がってしまえば同様に被害をうけますが、それでも、銘柄によって、株価の動きは異なるため、好景気に業績を伸ばす会社と不景気に業績を伸ばす会社の株を持っていたりすれば、資産下振れの被害を軽微に抑えることも可能になります。このように、投資対象を分散することによってリスクを下げることが非常に投資の世界では重要です。

家庭教師の仕事をお探しならこちら
【OKWave×マイナビバイト】で探す家庭教師のアルバイト